私はそんなに強くはありませんが、お酒が大好きです。

飲み始めのころは弱いカクテルしか飲まなかったのですが、だんだん焼酎や日本酒などにも手を出すようになってきました。

 

そうすると、特に日本酒は翌朝残るようになりました。
頭も痛いですし、ひどい時は翌日の午後まで吐き気が続きます。

 

当然二日酔い対策というのもいろいろと実践しました。
その中でもまあまあ効果があったのは飲む前に水を飲んだり、飲んでいる途中にも水を飲むことです。
途中でアルコールを薄めて行こうという作戦です。
これはなかなかよかったのですが、おなかがいっぱいになりますし、途中で酔いが若干覚めるのはちょっと残念な感じでした。
また飲んだ後帰り際にお茶を飲むのもすっきりしました。
緑茶には吐き気を押さえる成分も入っているそうです。

 

他にはウコン関連のサプリやドリンクを飲むことです。
これは最初は効くような気もしたのですが、だんだん効かないような気もしてきました。
その時の効果の出方にはムラがあるような気がします。

 

また、確実に睡眠が足りないと酔いが回るのが早かったです。
飲みのある日にはたくさん寝ていくようにすると比較的大丈夫でした。
酔いが回るか回らないかはその時の体調にも大きく左右されるような気がします。

 

また食事は先はおなかを満たしてからたくさん飲むのは基本なのですが、後半の方などに酢の物を食べると酔いが覚めるような気がしました。
その夜のうちに酔いがかなり覚めるので、翌朝もお酒が残らないことがほとんどでした。

 

他には飲んでいる途中に外に出て酔いを軽く醒ますことです。
ちょくちょく酔いを醒ました方がその夜のうちに深く酔うことはあまりありません。
やはり二日酔いは寝る時点でもアルコールがたくさん残っていると翌朝まで抜けきらないような気がします。
その夜のうちに酔いを醒ますことが大事です。

 

後、シジミ関連のサプリやシジミ汁などは翌朝残らない確率が高いです。
それでもたくさん飲んだ時や体調が微妙な時は翌朝お酒が残りました。

 

このようにさまざまな対策を試してきたわけですが、体調が悪くなければどれもなかなか効果がある方法です。
それでも疲れがたまったいる時やあきらかに睡眠時間が足りない時は、翌朝の二日酔いは避けられません。

 

二日酔いしないための最も確率の高い方法は、睡眠時間をしっかり取り、疲れのない時に飲むようにすることです。
また疲れ気味でも飲みに行くような時は明らかに飲む量を控えたり、アルコール度数の少ないお酒でやり過ごすしかありません。