二日酔いにはやっぱりウコンと水!

忘年会のシーズンになり、お酒を飲む機会が増えてきますね。人が集まってお酒を飲むと、どうしてもいつもよりお酒の量も増えてしまうものです。あらかじめ対策できればいいのでしょうが、ついつい忘れがちになってしまいます。
一番の対策は飲みすぎないことなのでしょうが、やはりお酒の席は楽しいのでそれも難く感じてしまいます。適量というところで止められれば、翌朝困ることもないのでしょうが…
ですので、できるだけ二日酔いにならないように対策を練って飲み会に臨んでいます。
空腹でアルコールを胃に入れると、酔いやすくなるというのはよく言われています。確かにそのとおりで、空腹でアルコールを摂取すると酔いという状態を通り越して、気分まで悪くなってしまったことがあります。
それからは、できるだけ食事を取ってからアルコールを口にするようにしています。
枝豆やチーズ、効果がありそうなものは試してみましたが、あまり食事の種類は関係ないように思います。
ただ、食事をしてお腹が満たされたからと言って、お酒の量が減るわけではないんですよね。
自分の限界を超えてお酒を飲んでしまえば、どうしたって二日酔いになってしまいます。
自制のできない私は、もういっそ飲んだ後にどうにかするようにしました。
酔っぱらってふらふらした状態でも、どうにかコンビニには行くようにしました。
そこで購入するのはいわゆるウコンの入ったドリンク剤。そしてお水です。
どちらも飲み物なので、お腹はちゃぷちゃぷになってしまうのが難点です。
ウコン入りのドリンク剤は、言わずもがなですが肝機能が上昇するというものです。
それから水分を取った時と、そうでない時は二日酔いの度合いが大分違ったのです。
コンビニで500mlの水を飲んでいなかった時は、二日酔いがさめるのに時間がとてもかかりました。翌日のお昼を過ぎても、まだフラフラしていてグロッキー状態でした。
お水を頑張って飲み干してしまえば、排出されるのか翌朝の状態は幾分楽だったのです。アルコールを摂取すると、軽く脱水症状をおこしてしまうようで、水分を補給することで緩和されるようです。

これは人から聞いたことですが、お水ではなくて柑橘系の飲み物でも効果があるということです。味の付いた飲料の方がお水よりは飲みやすいと思うので、今度試してみたいと思っています。
ウコンとお水、これを忘れなければそこまでひどい状態にならなかったので、ずっと実践しています。